ケミカルピーリングの効果> ケミカルピーリングの歴史 > ケミカルピーリングの日本での広がり

ケミカルピーリングの日本での広がり

日本でも、健康な肌の再生を目的とした安全で効果的な治療法の確立は、皮膚科医だけではなく形成外科医、美容外科医にとつても長年の夢でした。
目指すは、これまで不可能と思われてた肌の老化を遅らせ、しみ、くすみ、小ジワ、たるみ、にきびなど、あらゆるスキントラブルに対応できるものです。
ケミカルピーリングは理想的な治療法といえますが、日本では、その研究が遅れていました。
ケミカルピーリングという治療法自体は以前から紹介されており、日本でも治療でどれくらいの効果があるかは知られていました。

しかし、白人の肌ではトラブルを起こしにくいフェノールですが、表皮の薄い日本人の肌には必ずトラブルを招きます。
白人よリメラノサイトの活性が高い日本人の場合、肌に強い刺激が加わるといっそう多くのメラニンが排出され、色素沈着を引き起こすからです。
また、表皮が薄いため、フェノールのような強酸を用いるとケロイド状になるなど、皮膚の再現性の面でも問題がありました。

いくら効果が絶大でも、肌質の違いからケミカルピーリングは日本人に適さない治療法と判断されました。

それ以来、ケミカルピーリング=フェノールという先入観が、日本の医療関係者の間に定着してしまったのです。

その後、AHAによる弱いケミカルピーリングが可能になり1994年日本で厚生省の認可が下りて、AHAが輸入可能になります。

1997頃から、報道をきっかけにケミカルピーリングが日本でも話題を呼び、女性の間で大きな関心を集めるようになったのです。



前の記事: « ケミカルピーリングの誕生
次の記事:
HOME: ケミカルピーリングの効果

 



ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません。 また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2010 ケミカルピーリングの効果. All rights reserved