ケミカルピーリングの効果> ケミカルピーリング > ケミカルピーリングは怖くない。

ケミカルピーリングは怖くない。

ケミカルピーリングは「剥ぐ」のではなく「脱落をうながす」ことです。

ピールとは「剥ぐ、剥がす」という意味です。この言葉のせいか、皮を1枚剥がすイメージを持つ人が多いようです。
酸を使用するため、肌が溶けて施術後はやけどの状態になるのではないかと心配する人もいます。
こうした誤解は、ケミカルピーリングに対する知識や情報が十分ではないために起きることで心配はありません。
施術の過程で無理に剥がしたり、肌をめくるようなことはありません。
また、やけどの状態を引き起こすような強い酸も使用しません。

肌が老化すると本来の働きも弱まり、古い角質が剥がれにくくなります。
肌再生のリズムが崩れることがしみやしわ、くすみといった肌トラブルの原因です。
平均的に25歳を過ぎると、肌の老化が始まるといわれています。
生まれ変わる力が弱まった肌に対して、酸は肌の再生がスムーズに行われるのを手助けします。
角質と角質の接着をゆるめ、剥がれやすくするわけです。

「脱落をうながす」という感覚が近いでしょう。
ケミカルピーリング自体はごく身近な手法で、その代表的なものは、細かく砕いた植物の種子が入ったスクラブ洗顔剤やゴマージュなどです。
肌のざらつき感を整え、毛穴などの汚れを落とす手軽なスキンケアとして、すっかり定着しています。

しかし、最近ではいくつかの問題点も指摘されています。
類粒で肌をこすり、アカ(=古くなった角質)を落とすという物理的な方法のため、力の加減が難しい。
ゴシゴシこすつたりすると、むしろ肌に負担をかけ逆効果です。
頻繁に行えば、シミや肌荒れの原因になることもあります。
しかし、ケミカルピーリングは、物理的に剥がすのではなく、脱落をうながす役割をするので、むしろ肌に対する負担は少ないといえるでしょう。
効果は使用する酸によって異なるケミカルピーリングが日本で一般的に行われるようになったのは最近のことですが、米国ではすでに百年近く前から治療を目的に研究され、最も効果的な美肌術として広く知られています。



前の記事: « ケミカルピーリングの簡単な方法
次の記事: ケミカルピーリングと角質層 »
HOME: ケミカルピーリングの効果

 



ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません。 また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2010 ケミカルピーリングの効果. All rights reserved