ケミカルピーリングの効果> ケミカルピーリングの種類 > ケミカルピーリングの違い

ケミカルピーリングの違い

ケミカルピーリングの酸の種類と肌への働きかけ
ケミカルピーリングは素肌に直接働きかける美肌再生法です。
白人を対象にしたケミカルピーリングでは、主としてフエノール(石炭酸)を使用していました。
これを日本人をはじめとする有色人種に施術すると、色素沈着やケロイドなど、むしろ新たなトラブルを抱えてしまうため、当初、ケミカルピーリングは敬遠されていたのです。
いかし最近は日本人の肌質に合ったケミカルピーリングの研究が進み、皮膚の老化をスローダウンさせることも可能と考えられるようになりました。

ケミカルピーリングは病院で行うケミカルピーリングと、市販されているフルーツ酸入り化粧品やエステテイックサロンで行っているものとでは、どこに違いがあるのでしょうか。

化粧品に含まれる成分は、厳しく制限されています。
一般に販売される化粧品では事故が許されませんからケミカルピーリングの酸の濃度は低くなるので、手軽に行える半面、肌質そのものが改善されるほどではありません。

日本のエステティックサロンのエステテイシャンは、米国と違ってライセンスを持っていません。
サロンを開くのにもエステテイシャンになるのにも、基準がなく、正式の資格を必要としないので、肌に対する知識の差にばらつきがあります。

病院で行うケミカルピーリングは、治療のスタートとして自分の肌の状態を診察してもらえますから安全です。
また医師は、エステティックサロンで使うものより高濃度の酸を使用できるので、効果的な治療が期待できます。



前の記事: « ケミカルピーリングの種類
次の記事: 高濃度ピーリングはにきび跡、シミ、しわに効く »
HOME: ケミカルピーリングの効果

 



ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません。 また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2010 ケミカルピーリングの効果. All rights reserved