ケミカルピーリングの効果> ケミカルピーリングを自宅でする方法 > ピーリング化粧品の選び方

ピーリング化粧品の選び方

にきびが気になる人のピーリング化粧品
ピーリング化粧品にはに乳液やクリームタイプで、つけたままふき取らない使い方をする製品もあります。
これらの製品は、角質を薄くしたり整えたりしたうえで、あらかじめ一緒に入っている保湿や美白などの有効成分を浸透さるものです。

AHAとは違うピーリング成分、サリチル酸が含有されているものもあります。
これはBHA(ベータヒドロキシ酸)といつ酸の1つで、もともとにきびなどに効能のある医薬部外品の成分として認められているものです。
にきびが気になる人が一般化粧品メーカーのピーリング化粧品から選ぶならこのタイプが良いでしょう。

一般化粧品メーカーのピーリング化粧品
一般化粧品メーカーのピーリング化粧品は複数のピーリング成分、AHA類が入っていますが、濃度は合わせても1%程度で、弱酸性なので、穏やかな効き目になっています。
にきび対策でピーリングをしたい人や、角質を落として美白剤などの効果を高める目的の人には、医師が開発に携わったピーリング製品がおすすめです。
肌の表面のざらつきやくすみを改善して、化粧ののりをよくしたいという範囲でよければ、一般的な化粧品メーカーが発売するピーリング製品でも効果があります。
肌に古い角質が残って粉をふいたように見えたり、ざらついた状態は毎晩ケアすれば、1週間ほどで改善します。

AHA以外にも穏やかにピーリング作用を高める成分が入っているものも多く、杏エキスもピーリング作用を高める成分の1つです。
角質細胞を剥がすカセプシンという酵素の働きを杏エキスが活性化して、ピーリング効果を助けるのです。

医師が開発にかかわったピーリング製品
ピーリング製品の強さは、主なピーリング成分であるAHA類の濃度と酸性の強さで決まります。

医師が開発にかかわったピーリング製品は主にグリコール酸が配合され、濃度は3.5~10%程度、やや強い酸性で効果も強めです。
米国などで、シミやしわに効果が実証されているAHA製品と同様に、3%以上の濃度があり、やや強い酸性になっています。
少量ずつ使っても効果がでるピーリング製品ですから、慎重に使いましょう。



前の記事: « ピーリング石鹸の使い方
次の記事: ピーリング石鹸とは? »
HOME: ケミカルピーリングの効果

 



ご利用に関して
本サイトに掲載されている情報は全て特定の品等の効果効能を示すものではなく参考情報です。 掲載内容につきましては正しい情報のご提供に努めておりますが、万が一、誤った情報を発見された場合はご連絡頂ければ修正いたします。 掲載する情報に関して、事前に内容を確認し細心の注意を払っておりますがそれらの情報の正確性、最新性、有効性、安全性、合法性、道徳性等に関しましては、いかなる保証も行っておりません。 また、掲載されている写真・画像などはイメージです。 本サイトをご利用されることで発生するいかなる損害・損失・トラブル等に関して、理由・直接・間接を問わず、本サイトは一切の責任を負うものではありません。 本サイトからリンクされているサイトは、それぞれの運営者の責任によって運営されており、また、本サイトに掲載されている広告からリンクされているサイトは広告主の責任により運営されています。本サイトはこれらのサイトについて、違法なものでないこと、内容が正確であること、不快な内容を含まないものであること、利用者が意図していない情報を含まないものであることなどを保証いたしません。 本サイトを介したサイトの閲覧、ご利用は利用者の責任で行っていただきますようお願いいたします。

Copyright © 2006-2010 ケミカルピーリングの効果. All rights reserved